大阪で内装やリフォームを行う際に起こりがちなこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で自宅の内装やリフォームをしたいと思う場合、色々な情報を集めます。施工店やリフォーム専門の業者などのホームページをチェックして、どんな実績があるか確認します。全国で展開している施工店の展示会を見に行ったり、地元密着型の小さめの施工店のイベントに行ってみても良いでしょう。
施工店をチェックする際のポイントは何でしょうか。リフォームの設計や予算について話している会社と、実際の施工をする会社が異なることがあります。下請けに依頼する場合、中間マージンによって費用がかかったり、時間のロスが生じて思った時期に施工が完了しないということがあります。それで、自分たちの望む施工がきちんと伝わる会社かどうかチェックします。営業と工事まで一貫して同じ会社が担当するところなら、安心感があります。

相談しやすい施工店を選ぶ

一般的に施工店には、営業担当者と工事担当者がいます。営業担当のスタッフと打ち合わせやリフォームの希望を伝えます。営業担当者が様々な要望を工事担当者に伝え、実際の工事が行われます。
スタッフ同士がきちんとコミュニケーションをとって、要望が伝わっていることが重要です。いつも打ち合わせをしているスタッフは理解していても、実際の施工担当者に伝わっていないと大変です。そのため施工店によっては、専属アドバイザーというスタッフがいるところもあります。
専属アドバイザーとは打ち合わせはもちろん、実際に施工が始まったとき、施工完了時のチェックやアフターサービスまで1人のスタッフが専属でついてくれることです。何か気になったことは、すぐ聞くことができます。打ち合わせの流れや途中で変更した施工内容など、細かいことまで1人のスタッフが理解してくれているので、安心です。

その他のポイント

専属アドバイザーがいる会社なら、アドバイザーのスタッフとの信頼関係も大切なポイントです。今までどんな工事を担当してきたか、聞いてみることができます。こちらが質問していることに的確な答えがかえってくるか確認できます。
大阪で内装やリフォームを依頼した会社とは、施工が終わっても付き合いが続くものです。使っていて不便だと思う箇所がでてくるかもしれません。保証期間中に不具合が起こって、また来てもらう必要があることも考えられます。アフターサービスという観点からも、また来てもらいたいと思うところに依頼します。

ピックアップ記事

大阪で内装やリフォームを行う際に起こりがちなこと

大阪で自宅の内装やリフォームをしたいと思う場合、色々な情報を集めます。施工店やリフォーム専門の業者などのホームページをチェックして、どんな実績があるか確認します。全国で展開している施工店の展示会を見に...

内装やリフォームを大阪で行う前に考えること

大阪で内装やリフォームをしたいという場合、まず考えることは工期です。新築の場合は家の土台から始まって、すべての工期が終了するまで半年程度はかかるものです。それで一般的には、仮住まいができるアパートを借...

大阪でオフィスの内装やリフォームを行う

オフィスや病院といった公共エリアで、大切なことは何でしょうか。オフィスの受付や応接室には、不特定多数の人達が出入りし利用するため見た目もスッキリとしつつ、くつろぎやすいデザインが求められます。病院の受...

内装やキッチンリフォームを大阪で検討する

大阪で自宅のキッチンを改装したいという場合があります。家の中でも特に水回りは毎日使っている場所なので、消耗しやすい部分です。キッチン、トイレ、バスルームなどは家族全員が使う場所なので、他の部屋より早く...