内装やリフォームを大阪で行う前に考えること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で内装やリフォームをしたいという場合、まず考えることは工期です。新築の場合は家の土台から始まって、すべての工期が終了するまで半年程度はかかるものです。それで一般的には、仮住まいができるアパートを借りたり、実家に帰るなどして住めるまで待ちます。
大阪に自宅があって、その内装やリフォームをしたい場合、仮住まいができるところに住むという方法と、リフォームをしている家に住みながら施工をしてもらうという方法があります。どちらにするかは工事にどれくらいの時間がかかるか、どこまで手を入れるかによって異なります。スタッフとよくコミュニケーションをとり、お互いに協力しあう必要があります。

住みながらリフォームをする際の注意点

家を引っ越しせずに、住みながら内装工事を行ってもらう、という選択をした場合の注意点は何でしょうか。何といっても施工をしている間、家の中の荷物をどこに置くか決めるということではないでしょうか。どこかリフォームをしない部屋にすべての荷物をまとめる、という方法もあります。しかし家全体のリフォームを考えているなら、不要なものや施工中に汚れてしまいそうなものをどこかに移動させておくことを考えます。
施工会社によっては、家の中の荷物を預かってくれるスペースを提供してくれるところがあります。倉庫を一つかしてくれるようなイメージです。家の中のもので大きな家具や、しばらくの間不要なものをまとめます。引っ越しをするような感じで、段ボールを使って梱包し、荷物を倉庫に搬出します。家の中もスッキリしますし、自分たちが家にいない間に汚されるのではないか、と心配する必要もなく便利です。

その他の注意点

内装工事をどこまで行うかにもよりますが、水回りもリフォームするようなら、スタッフとよく施工計画について話しておく必要があります。どの日はトイレが使えない、とかどの時間帯はどの部屋を施工しているか家族全員がわかっていると、計画が立てやすくなります。シャワーを使えない日が何日あるか、など家族全員が関係することも事前にチェックします。
子供や老人がいる場合、施工中安全に過ごせるように気を付けることも大切です。
施工計画は時々見直しが必要になります。計画より早く進む場合もあり、遅くなってしまうこともあるからです。お互いに気持ちよく施工を勧めてもらうために、工夫できることもあるかもしれません。